*運転しながらラジオを聴いていた。
なにげなく聞いていた知らない曲、なにこれ、ものすごくいい曲!
涙が出てきて、全然止まらなくなり、それが目にしみて目が痛くてもう開けられない。
運転できず、急いで路肩に停める。

アーティスト名は聞き取れなかったけどタイトルは「ゴースト」と言っていた。
曲がかかった時間をメモして、帰宅してからJ-waveのオンエア曲サーチで調べたら、
ドレスコーズというアーティストの『Ghost』という曲だと分かる。

ミュージックビデオがYouTubeで見られたので(こちら。歌詞はこちら。)、台所で料理の合間に見ていたらまた涙の洪水。
「おかあさーん」と台所に入ってきた海に気付かれないよう急いで目を拭く。

"この胸の痛みがささいなことなんて
生まれ変わってもいえない"   
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
*最近もう1曲、泣いたMVがあった。
Draft King 『贈る言葉』。
YouTubeはこちら
これは、音楽もいいのだけど、とにかく鳥居みゆきの監督した映像に泣かされる。
主人公の女の子の、悲しみ傷つき悩む日々を経て、笑顔になれる仲間や夢をみつけるまでの成長を見守り続け、
限りない愛を注ぎ続ける歌い手の視点は、クマのぬいぐるみじゃなくて、亡きお母さんだと思えて仕方ない。
そう思って母目線でこの曲を聞くと、もう泣いてしまう。

"これから始まる暮らしの中でだれかがあなたを愛するでしょう
だけど私ほどあなたのことを深く愛したやつはいない"
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
*よく、泣いた曲や感動した曲を日記に書いている気がするので、この際だから全部探して「好きな曲」タグでまとめてみた。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
*高校時代の部活仲間友達Mちゃんの結婚式で土浦へ。
仲良しハンド部10人全員招待されてて勢揃い。
夏にも毎年集まっているけど全員参加というのはなかなか難しいので、誰かの結婚式がいつも全員集合の場となって嬉しい。
Mちゃんと高校時代仲が良かったという剣道部の女の子が
「ハンド部は本当に仲が良くて高校時代から有名でしたよ。全員が仲いいっていうのが珍しくて。しかも卒業から20年以上経ってもずっと毎年集まっているんですか?結婚式にも全員招待し合うなんて…信じられない(笑)」と驚かれた。
ハンド部のみんなは私の宝物。
c0204298_1664696.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
*しらすやちりめんじゃこにまぎれている他の魚やタコ・イカ等の稚魚を「ちりめんモンスター」略して「チリモン」と呼ぶらしい。
前回の日記の最後にもちらっと書いたけど、チリモン探しに雪は夢中。
ルーペとちりモン図鑑を横において、しらすの山から見つけ出したチリモンたちは、ボンドで貼り付ければ変質もせず虫も付かず、ずっと観賞できる。
c0204298_15283372.jpg

c0204298_15284621.jpg

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
*海:「ちりめんじゃこのじゃこに似た名前の遊びなかった?」
私「う~んお母さんは思い出せないなあ」
海「あ、思い出した。アルプスいちまんじゃこ
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
*最近作った、やっぱり美味しいレシピ
「チキンのマーマレードソテー♪」
c0204298_15374686.jpg
レシピはこちらの記事に。
余ったマーマレードジャムの消費にもなり、見映え良くプチごちそう。

*最近試した新しいレシピ
「フライパンで作る、白菜の簡単クリーム煮」
c0204298_1546552.jpg
AllAboutのレシピ。リンクはこちら
今まで作った白菜のクリーム煮の中で、一番落ち着く味かも。(しかも超簡単)
白菜のクリーム煮は中華風より洋風味付けが好きなので、コンソメで。
余っていたうずらの卵を入れてみたけど、クリーム煮にうずら卵はあまり合わないな(笑)

「さつまいもでマッシュドポテト」
c0204298_15411464.jpg
レシピはこちら
実家の徳島から大量に鳴門金時が送られてきたので。
フードプロセッサーは使わず、柔らかく茹でてマッシュ。
おやつとおかずの中間の感じ。

「鶏胸肉のやわらかカレー照り焼き❤」
c0204298_15491762.jpg
COOKPADより、こちらのレシピ。
確かにむね肉が柔らかくなるんだけど、味付けがうちの好みと少し外れていたのでリピはなし。

「肉汁がジュワッと旨い!鶏もも肉の塩唐揚げ」
c0204298_15504297.jpg
COOKPADより、こちらのレシピ。
塩唐揚げ、美味しい!はまりそう!

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
↓お料理ブログランキング↓ (約300人参加の「家庭料理」カテゴリに登録。上位には、みきママさん、てんきち母ちゃんさんなど豪華な顔ぶれが。)

人気ブログランキングへ

旬のごはん、子どもの元気な姿、海辺での貝拾い、誰かのブログコメント。カフェオレ、お気に入りの食器、愛読書、温かいお風呂。今日も無事に過ぎること。小さな幸せにいつも感謝しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

サンドウィッチマン出演の新幹線CMが大好きで(お正月帰省のとき、新幹線のロビーでエンドレスループで流れていた)、
全部録画したいと思ってるけど、そう思ってるとなかなか遭遇しない。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafeにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2016-01-29 17:28 | 子どもとの時間 | Comments(4)

去年秋から書き始めた「日々のこと」は、一日に書き留める量が膨大だったと、振り返ってみて思う。
今年はもう少しシンプルに書いてみたい。
行動や献立をあそこまでこと細かに書かなくてもいいかなと思ったので、
人に読みやすく、自分も気楽に書きやすいようなスタイルにしたい。

「日々のこと」改め、「最近のこと」。

*冬休みは主人の実家方面へ帰省。

*子どもたちが作ったお正月リース。
材料は百均で、ひとり3パーツ(リース以外)まで買っていいことにして選ばせた。

雪のリース。
c0204298_1161016.jpg
「交通安全祈願」の札を剥がして、自分で「迎春」と書いた紙を貼っていた。

海のリース。
c0204298_11725100.jpg
薔薇の飾りをひとつひとつ、海に言われた場所に接着したのは私。

このリースたちは、お正月の間、日替わりで玄関に飾っていた。

*初詣は今年も称名寺へ。
c0204298_1112697.jpg

もちろんだるまみくじを引く。
c0204298_11151524.jpg

c0204298_11155368.jpg

私だけ大吉。年末から一番体調悪いのは私なんだけど、そうか、いい年になるといいな。
おみくじだけ結んでだるまは持ち帰ろうとする私に主人が
「また持って帰るの?家にたくさんあるし、今年は一緒に置いていこう」と言うので、家族4人分を同じ場所に残して帰った。
c0204298_11143324.jpg


*海の公園で凧揚げ。
c0204298_12461524.jpg


*雪と海と三浦半島へ貝拾いに行った。
私は、砂浜に誰かが流木と石ふたつで作ったベンチに腰を降ろして、海とおままごと(海がパフェ屋さんで私がお客)しながら、ついでのように貝を拾う。
いい貝は先に雪にみつけてほしかったし、本気採りは一人の時に幾らでもできるから。
雪はクチグロキヌタにアヤメダカラというレアダカラをゲット。
喜んでた。良かった。
鉱物好きの雪は、メノウもたくさんみつけてた。
三浦半島の海岸でよくメノウが拾えるというのは人に聞いて知っていたけど、本当に落ちてるんだね。

雪の収穫その1、タカラガイ。クチグロキヌタの右上にあるのがアヤメダカラ。裏がアヤメ色。
c0204298_19645.jpg

雪の収穫その2、ナミマガシワの貝殻とメノウなどの鉱物
c0204298_1942785.jpg

海も少しだけ拾ってた
c0204298_1982173.jpg

私の収穫その1、タカラガイ中心
c0204298_19102582.jpg

私の収穫その2、ナデシコとナミマガシワの貝殻とメノウ
c0204298_19111831.jpg

「タカラガイに魅せられて【2016年1~6月まとめ】」


*七草粥。
c0204298_125034100.jpg

昔から雪は愛してやまないのだが、今回は「雪の好きな料理の二位」とまで言っていた。(ちなみに一位はパイシチュー、三位はピーマンの肉詰めとのこと。)
1/7、「ついに七草粥が食べられる!」とウキウキの雪。
「やっぱり美味しい~!飛ぶほど美味しい!」と言いながら食べている。そして
「最初の量と同じくらい、おかわり!」
正直、どうしてこれをそんなに好きなのか分からない私(笑)←海も「これあんまり好きじゃない」。
でも一年中食べたいと言う雪のために、この時期しか手に入らない七草ではなく、大根、かぶ、大根の葉、かぶの葉でお粥にして卵でとじてみようと思う。

*最近作った、やっぱり美味しいレシピ
「大根・人参・油揚げでほっこり味の煮物」
c0204298_1464061.jpg
レシピはこちらの記事に。
優しい味で大好きな煮物。今回は大根、人参、ごぼう、れんこん、油揚げ、豚肉を入れて。

「お豆腐ハンバーグ」
c0204298_1473720.jpg
レシピはこちらの記事に。
ふわふわもっちり。今回は和風ダレで。
おかわり続出。

「巻かないロールキャベツ」
c0204298_1411468.jpg
レシピはこちらの記事に。
おなかいっぱいメニュー。主人が大喜び。

*最近試した新しいレシピ
c0204298_14101481.jpg
レシピはこちら
最近雪がチリモン探しに熱中しているので、しらすが食卓に上がる率が高くなってきた。
このサラダはとても好評だった。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
↓お料理ブログランキング↓ (約300人参加の「家庭料理」カテゴリに登録。上位には、みきママさん、てんきち母ちゃんさんなど豪華な顔ぶれが。)

人気ブログランキングへ

旬のごはん、子どもの元気な姿、海辺での貝拾い、誰かのブログコメント。カフェオレ、お気に入りの食器、愛読書、温かいお風呂。今日も無事に過ぎること。小さな幸せにいつも感謝しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ
にほんブログ村




*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

★ちょこっとおしゃべり★

今年もよろしくお願い致します。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


★本日も、Ruri*Cafeにお越しくださりありがとうございました★

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2016-01-12 19:15 | 子どもとの時間 | Comments(2)