9ヶ月身に着けていたマタニティーマークともお別れ。
c0204298_1057551.jpg

産後も1ヶ月ちょっと、実家に滞在しました。
母は毎日嬉しそうに海をお風呂に入れてくれ、雪と遊んでくれ、洗濯をしてくれ、美味しいご飯を作ってくれました。
私がゆっくりご飯を食べられるようにと、食事の時間はいつも海を抱っこしていてくれました。
海も、私に抱かれるよりも母の腕の中でとろんと落ち着いているのでした。
c0204298_1222689.gif


雪はこの期間にカタカナも覚えました。
最初に指をさして言い始めたカタカナは「プ」と「ル」。
そう、プラレールのプとルです(笑) 男の子ですねぇ。
そこからは3日ぐらいで全部のカタカナを一気に覚えたので、子どもの吸収力に驚かされました。
お気に入りの魚図鑑を開いて、魚の名前を音読しています
c0204298_10581025.jpg
雪の愛読書
c0204298_10582353.jpg


私もときどき読書しました
c0204298_10585755.jpg

母が図書室で借りてきてくれた宮本輝の新刊『三千枚の金貨』
昔は大好きだった宮本輝、いつからか難しく感じるようになりこれもはまらなかった…。一番好きな作品は『錦繍』です。この時期読むのにぴったりです!

母の本棚から借りた柴田よしき『回転木馬』
私立探偵の主人公が、10年以上前に失踪した旦那さんを探して追いかけて、みつけた真実。切なくて胸が苦しくなった。

やはり母の本棚から借りたスティーブン・キングの『第四解剖室』。
キング大好きの私。悪魔に出会った少年の恐怖を描いた『黒いスーツの男』と、拷問を受けている男の恐怖を描いた『死の部屋にて』が怖くて面白かった!!

私が以前母に貸した本ジョナサン・キャロルの『蜂の巣にキス』 やっぱりいいわー キャロル最高


夕方のお散歩、私は赤ちゃんと家でお留守番ですが雪と母とチワワは毎日出かけていきました。
雪が私へのプレゼントにと、摘んできてくれたコスモス。
c0204298_1234982.jpg


東京で単身赴任生活を送っている父も、週末になるとつくばの家へ帰ってきて、雪と一日中遊んでくれました。
雪はばーばもじーじも大好きです。


そんな感じで日々は過ぎ、海の体重は出生時2786g、退院時2600g→1ヶ月健診で4415gと、退院からは1日70gのペースで増えており、
看護婦さんはスケールの表示を二度見して「えっ!?」と驚き、院長には「1700gの増加だよ、すごいね!健康優良児だね!」とほめられました。


そしていよいよ私と雪と海が横浜に帰る日がやって来ました。
主人の都合で帰る予定が1週間延びたとき母は喜んでいたほど、私たちとの別れを惜しんでいました。
私たちが帰る日、母が涙をこらえていることも分かりました。
なるべくしんみりしないように、荷物をせっせと車に積み、明るくお別れをして車に乗りました。
笑顔で手を振りました。
母も笑顔でずっと手を振ってくれました。

その日のメール


「お世話になりました。すごくすごく助かりました!本当にありがとう。これからも相談に乗ってね」


「幸せな二ヶ月半だったよ!
Ruriと暮らせた!
その上雪と海も一緒で!
Ruriが無事出産出来た!
Ruriの雪の良いお母さん育児を実感して嬉しかった!

海の育児が昼夜を問わず大変で雪もまだまだ目が離せず心身共に疲れると察しますが、頑張ろうね!

空の巣症候群で寂しい病になりそうなので加味逍遙散を服みます」


加味逍遙散は気持ちを落ち着け、血液の循環を良くして体調を整えてくれる漢方。
母、このメール絶対泣きながら打っていたな。
いきなり3人がいなくなってしまって静かな家に取り残されてどんなに寂しいだろう。
ごめんね。
巣立ちで寂しい思いをさせるのは3回目だね。
1度目は、大学生になって東京で一人暮らしを始めたとき。
2度目は、結婚して実家を出るとき。
そのどちらのときも、お母さんは寂しさで体を壊すくらい、長い期間泣いたり落ち込んだりしていた。
大きくなってからもそんなに愛情をかけてもらえて私は幸せな子どもです。


お母さん、2ヶ月半ありがとう。
お母さんがいてくれたから無事海を産めたよ。
そしていいおっぱいを出せたから海の体重も増えたよ。
なにより、お母さんがそばにいてくれたから、心強かった。

お母さん…ありがとう。
c0204298_18563257.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-11-04 23:09 | つくば | Comments(5)

私が今回出産したのはつくばにあるなないろレディースクリニックさんです。
c0204298_125032100.jpg
ここは2年前につくばにできた新しい病院なのですが,とても評判が良くて分娩予約を取るのが大変なほど人気です。

私にとって多分最後になるであろう今回の出産は,
夢溢れる綺麗で快適なこのクリニックで出産させてもらいたいと妊娠前から主人に頼んでありました。
(雪の時は里帰りせず横浜の大病院で出産しました。)

そして夢叶い実際にここで産むことができたのですが,入院中は想像以上に感動の連続でした。
この病院の素敵なところをご紹介したいと思います。

これからつくば・茨城周辺で出産を考えている方のご参考になりますように。
c0204298_1344321.jpg


《なないろの魅力その1:院長》

なにを差し置いても院長
黒田院長が素晴らしすぎる。
あのお人柄…。明るく優しくポジティブで患者思い,どんな時でも不安になることを絶対口にしないので,
いつも検診のたびに励まされ,妊娠中の不安が解消されました。

そして院長の驚異的なフットワークの軽さ…。
午前午後の診察,お産や手術,産後検診,赤ちゃん検診などがあるのに合間を縫っては,一人一人の個室をちょくちょく回って様子を見てくださる。どこへ行っても院長に会う感じ(笑)
院長クローン説が囁かれるほど。

さらに入院中の妊婦さんを産前・産中(!)・産後とデジタル一眼レフで毎日写真撮りっぱなし。
それに音楽をつけてDVDにして,産後のお部屋に持ってきてくれるのです。
「DVD作ったから。見てみてね。」と手早くデッキに入れて再生してすぐに去っていく院長。
あれはこちらが遠慮なく泣けるようにという配慮にちがいない。
だって世界に一つだけの,自分だけのお産DVD。
それを見て泣かない産後ママはいないと思う。
私も泣きました。

(しかもBGM1曲目が、私の大好きな、久石譲の「Summer」!そのイントロと共に映し出される、家族4人の写真、あぁ涙腺が一気に崩壊…)

破水した日の朝の検診で,診察が終わって「じゃあ入院ですね」となり「はい,まずは一枚!」とカメラを向けてきた院長に,不意をつかれて笑顔の私。

陣痛を待ちながら個室にいた時のリラックスした私(食事中),LDRで主人が付き添ってくれている写真。
陣痛に耐える表情。

「はい頭が出ますよ~」という言葉からへその緒カットまでのシーンなんて,ムービーで撮ってくれている。
もちろん赤ちゃんの産声も入っている。
「あぁ,泣いた,泣いた!」という,安堵した私の涙声も。

カンガルーケアで赤ちゃんと寄り添っている私の写真。
産後会いに来てくれた雪や母,父の写真。
赤ちゃんをのぞきこんで笑顔になっている雪。
子ども好きな院長は雪を見る度に写真を撮ってくれて,DVDには雪の写真が特にたくさん。
それも嬉しくて…

主人が赤ちゃんを抱っこしている写真を撮りたいからと,面会時間になったら私の部屋にカメラを持ってやってきて,
「まだお兄ちゃん(雪)とご主人来てない?じゃあ来たら呼んで。それ(呼び出しボタン)押していいから。」
しゃ,写真を撮ってもらうためだけに,ナースコールで院長を呼び出していいとは!

やがて主人が来たので,言われた通りにおそるおそる呼び出しボタンを押す。
ナース:「どうしましたか?」
私:「あの…院長に,主人と息子が来たら呼ぶように言われまして。もし今お忙しくなければお伝え下さい…」
するとすぐ本当にカメラを下げて入って来た院長。
なんだかスーパーマンみたいに現れる(笑)

本当にまめな院長…
いつDVD編集してるの?
ナースステーションで夜勤のローテーション表見たら毎日院長の名前が入っていた。
いつ寝てるの?(←いつもはつらつ)
いつ髪切ってるの?(←いつもこざっぱり)
いつ家帰ってるの?(←お子さんたちも大きくて良きパパの様子)

c0204298_14114117.jpg



《なないろの魅力その2:全員プレゼントしてもらえるマイ出産DVD》
(これは1にも書いた通り。素晴らしい宝物になりました。娘にも将来渡します)
c0204298_15115467.jpg


《なないろの魅力その3:豊富なバースプラン》

バースプランを自由に叶えられるのが大きな魅力でした。
フリースタイル(例えば畳出産など),家族(子どもも可)立ち会い出産,ソフロロジー,無痛分娩も可能。
LDRでは好きな音楽やDVDをかけてもらえるし,照明の色も好みに合わせて変えてもらえる。好きなアロマオイルを焚いてもらうこともできる。
自分のお産を好きに演出することができるのです。

c0204298_1371478.jpg


《なないろの魅力その4:病院施設が快適で美しい》

建物の外観が夢のように素敵で,最初に訪れたとき息を呑みました。
木質感を生かした外観に全個室のカーテンの色が七色でグラデーションになっており,外から見ると虹のようです。
「なないろレディースクリニック」という名前の通り。

外観だけでなく院内はどこもかしこもホテルのように清潔で美しいのです。

待合室
c0204298_12505457.jpg


c0204298_1413541.jpg

《なないろの魅力その5:お料理》

お料理が美味しく見た目に美しいことも有名です。
朝昼夜と,「レストラン!?」と思うような豪華で手の込んだお料理が出されます。

入院した日の昼食 
c0204298_114657.jpg
★ピラフ(ウィンナー・あさり・海老・パプリカ・ピーマン)レモン添え
★白身魚のアーモンドソテー・ミックスビーンズの蟹クリームがけ
★かぼちゃと葱の熱々コンソメスープ
★パンツァネッラというのかな?バゲットの入ったトスカーナ風サラダ。ほかにじゃがいも・ツナ・玉ねぎ・レタス・ハム・プチトマト・オリーブ入り。
★フルーツ(葡萄・梨・メロン)
★温かいほうじ茶
(この食事だけは、まだ赤ちゃんが産まれていなかったので、食べながら材料を書き記す余裕がありました。あとは写真を撮るのが精一杯)


朝食
c0204298_12513061.jpg
昼食
c0204298_12514617.jpg
朝食
c0204298_1255191.jpg

豪華なお祝い膳!
ネームカードの内側には,院長・助産師さん・看護師さんからの手書きメッセージが。
c0204298_157365.jpg
★アントレサラダ
★海の幸のサラダ フルーツソース
★焼き野菜のカプレーゼ
★冷たい季節のポタージュ
★サーモンのミルフィユ仕立て 香草クリーム
★生姜風味クレームブリュレ
★グラハムブレッド
★カクタスドリンク(サンプレグリノで割ってお飲み下さいとのこと)

(ちなみにお祝い膳の日は院長が「みなさん、おめでとうございます」とラウンジまで顔を出して声をかけてくれた。本当に身軽でまめな方!)


出産前日~当日の食事は個室に運んでもらえますが,翌日からはラウンジで他のママたちとお話しながら食べます。色々情報交換できて楽しい。
赤ちゃんのコットは壁際にずらっと並べるのでちょっとした新生児室のよう(笑)
c0204298_19271049.jpg


そうそう,おやつや夜食も毎日出るんですよ。
マフィンとほうじ茶
c0204298_1143640.jpg
チーズケーキとハーブティー
c0204298_12585549.jpg
ガトーショコラ・茹であずきと生クリーム添え
c0204298_13354971.jpg

夜食
ちょうど陣痛中で夕食が食べられなかった出産当日、部屋に戻ったら夜食の「こにぎり」が届いていて嬉しかった…
c0204298_12591786.jpg

おいなりさんの日もありました
c0204298_130668.jpg


c0204298_1374286.jpg

《なないろの魅力その6:充実したサービス》

他にもサービスはホテル並みに細やか。
歯ブラシ・コップ・お風呂タオル・ブラシ・コットンなどのアメニティがもらえるのはもちろん,
パジャマやタオルは無料で毎日清潔なものに取り替えてくれるし,産後ママに必要なあらゆるもの(下着やパッド)は大量にセットになっていて入院時にもらえるので,入院する時手ぶらでもいいぐらいなのです。
ちなみに退院時はなないろオリジナルのベビー服をプレゼントしてもらえるので赤ちゃんにそれを着せて帰れます。
白くてシンプルなベビー服ですがとても手触りのいいしっかりした生地が2枚仕立てになっており,
白い糸で刺繍されているなないろのロゴマークも可愛くて,退院したあともお気に入りです。

産後の疲れを取る無料のアロママッサージも受けられます。
好きな香りのオイルを選んで,背中や肩,脚などをマッサージしてもらえます。
出産で疲労しきった体に最高のごほうびです。
まさに至福でした…。

赤ちゃんの足型、パパとママからのメッセージ、家族の写真が挿入され、
文中に赤ちゃんの名前が組み込まれているオンリーワン絵本もプレゼントしてもらえます。
c0204298_1592927.jpg


c0204298_137524.jpg

《なないろの魅力その7:スタッフが素晴らしい》

受付の方々から看護婦さん・助産師さんたち,調理や清掃の方々,アロマ担当の方々など誰もが優しく親切で,
そんな方々の作り出す院内の雰囲気はゆったりと優雅で心癒されるものでした。

母乳育児の指導も実に細やかで熱心なので、3人目を初めてなないろで産んだというママさんが
「1人目も2人目もミルクだったのに、3人目で初めて母乳育児できるようになりました。ここのスタッフさんの母乳指導のおかげです。」と言っていました。

赤ちゃんが泣いて泣いて眠れない夜は、泣き声を聞きつけて看護婦さんがお部屋に来て下さり、色々アドバイスしてくれたり、
私の不安に明るく答えてくれたりして励まされました。

c0204298_14143723.gif


ここは日本一のマタニティークリニックかもしれないと思います。
あの場所がファンタジーでなく現実に存在するなんてちょっと夢かと思うほど。
これからなないろで出産される方は本当にお楽しみに!



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★昨夜の雪★

寝る前にはいつも雪を抱きしめて
「お母さんは雪が大好き。雪が大事・大事だよ。ずっと雪と一緒にいたいよ。雪がお母さんの子どもで嬉しいよ。ありがとう。」と言う私。
雪も「雪もお母さんが大好きだよ」とにっこりしてくれる。
昨夜はそのあと、
雪:「雪がいないと生きていけない?」←いつも私が言っているので本人も覚えてしまった
私:「うん、生きていけない」
雪:「死んじゃうの?」
私:「うん、悲しくて死んじゃうよ」
雪:「じゃあ、どこにもいかないね」
私:「ありがとう」

いつか親離れするその日までは、ずっとずっと一緒にいてね。

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-11-01 18:42 | つくば | Comments(16)

*9/1
今日からついに38週。先週の検診でもういつ生まれてもOKと先生から言われているので楽しみに待つ。
c0204298_9122749.gif

*9/2
朝,破水で目を覚ます。
c0204298_9221123.gif
時々止まってはまたチョロチョロ流れてくる感じなので、破水はザーッと流れる印象だった私は、「これは尿もれなのか?それとも破水か?」と迷う。
病院に電話すると、たぶんそれは破水なので入院準備品を持ってすぐ来てくださいと言われる。
2人目は早いと言われていたがまさか38週1日で産気付くとは予想外だった…と考えながら,まとめておいた荷物を持ってすぐタクシーで向かい(いつも使っているタクシーが、初めて!この日だけ!道を間違える…焦る…),入院。
c0204298_923093.gif


ただそこからなんともなし…。
陣痛(そして主人の到着)を待ちながら個室でのんびりテレビを見たり美味しい病院ランチを頂いたりして午後まで過ごす。
c0204298_9125633.gif


*破水してから7時間経っても陣痛が来る気配なし。先生と主人(高速パーキングから電話)と相談して,陣痛促進剤を入れることに。
先生は「特に抵抗ない?」と私の意志を確認してくれたがもちろん全く異議・抵抗なし。
破水してから長引くと赤ちゃんの感染や健康状態が心配なので一刻も早く産みたい。
c0204298_9132364.gif


*午後2時半,促進剤開始。
点滴を入れ始めて10分も経たないうちにめきめきと痛くなってきて(促進剤ってすごい!と思う),あっという間に3分間隔の陣痛になるが,まだ痛みは耐えられるレベル。
先生も「産まれるのは深夜だと思うよ」とのこと。
c0204298_9134096.gif


だがしかし!
自然の陣痛がついてくれ,赤ちゃんはやる気になってどんどん降りてきてくれ(痛みは3時間でマックスに),
先生の言った「深夜」という言葉を目標にしていた私と主人は,6時半頃先生が「もうあと40分ぐらいで産まれちゃうよ」と言ったときにびっくり!
結果,4時間半という超スピード安産になったのでした。
先生がすぐおなかに抱かせてくれて,腕の中で産声をあげた赤ちゃんに私も感動の涙を流し…。
立ち会ってくれた主人がへその緒をカット。
赤ちゃんは2786gの元気な女の子でした。
雪のときと同じく,「生まれてきてくれてありがとう」と心からお礼を言いました。
c0204298_9163262.gif
c0204298_914987.gif

c0204298_1973857.jpg

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★昨夜の赤ちゃん★

毎日欠かさず続いていたコリックが、昨夜はなかった!
8時半に雪と海と3人で眠れてとても幸せでした。
そして体が楽!
まぁ、たまたまラッキーだっただけできっと今夜はあるだろうな、コリック…

【後日記】
本当にこの日でぱったりとコリックはなくなりました。


*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-10-30 09:18 | つくば | Comments(6)

*母と雪と3人で、まつりつくばへ。
ねぶたパレードを見学する。
すごい迫力。
c0204298_124747.jpg
c0204298_12471937.jpg
c0204298_12473145.jpg
c0204298_12474746.jpg
c0204298_1248727.jpg
道路脇の観客に向かって、はねとが次々と鈴を投げてくれる。
雪と私も何個か足元に飛んできた鈴を拾う。
お母さんに付き添われた1歳半くらいの小さい女の子が列を抜けて、群集の中まっすぐ私に手渡しに来た。
私の目を見て鈴を差し出す。
手を出して受け取り、ありがとうとお礼を言う。
どうして来てくれたんだろう?
私のおなかに赤ちゃんがいるから?
何か感じるものがあった?

屋台で買ったものを食べ,バスの時間までスタバでお茶をして帰る。
雪、珍しく夜更かし。たまにはいいよね。


*雪が毎日家でやっているワーク類の一部。
c0204298_12452554.jpg
しばらく幼稚園をお休みさせるので、切ったり折ったり貼ったりという、雪の好きな作業が家でもできるように
「きってみよう」「おってみよう」「ぬってみよう」などをシリーズで買った。
クイズ好きの雪は、「ちえ」ワークもお気に入り。
毎日机に向かうワークの時間を楽しみにしている。


*公民館の図書室で、今回借りた本は
c0204298_12455944.jpg
『水上のパッサカリア』(海野碧)文章もストーリーもちょっと苦手だった。
『ランナー』(あさのあつこ)よく絶賛されているようなはまり方はしなかったけど、最後の方、号泣。
『美丘』(石田衣良)ドラマは見ていないけど読んでみた。特に心に残るものがない…。
『風の帰る場所』(宮崎駿)宮崎駿のインタビュー集。と聞いて期待したけれど、そんなに深く色々分かるわけではなかった。
『最後の証人』(柚月裕子)すごくよく書けているなぁーと思いつつも…何かが物足りない。
『悼む人』(天童荒太)私は天童荒太が苦手なのだけど、母が借りてきた本を勧められたので。うーん、これもだめだった。気持ちが沈む。


*雪が借りてきた本。
c0204298_12462910.jpg
ひらがなを全部読めるようになったので、絵本も一人で音読できるようになった。
私の部屋にあった絵本も引っ張り出してきては、延々声に出して読み続けている。
でも私に読んでもらうのも大好きらしい。寝る前には必ず2冊読み聞かせ。


*雪が描いた絵。左からカミキリムシ・カブトムシ・クワガタ。
c0204298_1251532.jpg



*今週2度目に借りた本は、
c0204298_12522563.jpg
『人形が死んだ夜』(土屋隆夫)合わなかった。
『ブレイクスルー・トライアル』(伊園旬)合わなかった。途中から飛ばし読み。
『リレキショ』(中村航)私には合わなかった。でもこういうの好きな人は絶対いるはず。文芸賞も受賞している。
『龍宮』(川上弘美)難解すぎてついていけなかった。
『小さな理由』(森浩美)作詞家の書いた本と書いてなんだか納得。


*地元の友人Mちゃんが,お母様の自家製ブルーベリージャムときゅうりの佃煮,そしてMちゃんの手作りクッキーを届けに来てくれた。
雪にドイツのカードゲーム(KINDER memory)をプレゼントしてくれた。
国内外の優良おもちゃをとてもよく知っている彼女,いつも素敵な知育玩具をみつけて来ては雪にくれる。ありがとう!


*母が庭の薔薇に付いていたという大きいななふしをつかまえてきた。初めて見た!


*今週3度目に借りた本は、
c0204298_12524099.jpg
『セシルのもくろみ』(唯川恵)この人の本って読みやすいし女性受けするのが分かるけど、不倫を肯定している雰囲気がどことなくあって苦手。
『瑠璃でもなく、玻璃でもなく』(唯川恵)上に同じ。
『演じられた白い夜』(中島史恵)繰り返される殺人劇に共感できず。
『魂萌え!』(桐野夏生)あと10年経って読んだらもっとしっくり来るかも。
『白と黒が出会うとき』(新堂冬樹)展開に救いがなくて苦しかった。


*8/31
朝から前駆陣痛あり。おしるしも来た。
でも雪の時も,それから何週間も産まれなかったから,まぁまだ先だろうと思う。

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★今日の私★

うちでは私より主人の方が赤ちゃんの寝かしつけがうまい。
おとといも、泣きやまない赤ちゃんを主人が寝かし付けてくれて、私はやっとお風呂に入ることができた。
「お風呂の音が聞こえたらまた泣いちゃうかも」と逡巡する私に
「何かあったらまたやっておくから、気にしないでゆっくり入っておいで」と言ってくれた。
ありがたい反面、母親として情けなく、お風呂から出てから「ちょっと落ち込む…」と主人に漏らす。
すると主人が抱き方や揺れ方、姿勢など色々アドバイスしてくれて、少しだけコツをつかんだ気がする。
でも主人にはかなわない。

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-10-25 17:59 | つくば | Comments(16)

*今週から臨月に入った。

*暑い…
児童館に行くのも公民館に行くのも小学校の校庭(常に開放)を横切って行くのだが,グラウンドの砂がサハラ砂漠のようにギラギラ照り返す。

*公民館の図書室で、今回借りた本は
『猛スピードで母は』(長嶋有) 淡々と書かれているのに何かがぐっとくる。
『アリスの夜』(三上洸) グロすぎ…。
『カラフル』(森絵都) 若い頃に読んだら感動したかも。
『告白』(湊かなえ) これはすごい!一気に読んだ。
『少女』(湊かなえ) こちらはあんまり。
c0204298_21412385.jpg


*昔の会社の先輩(仲良し)が会いに来てくれる。
家まで迎えに来てくれてLALAガーデンのパステルでランチ。
c0204298_2233759.jpg
二人目育児について色々聞く。
その後検診だったので病院までも送ってもらった。すみません。

*虫かごに入れておいたバッタを見るとちょうど脱皮を始めるところ!
雪を呼び,脱皮の瞬間をふたりで見守る。
感動した。
セミの脱皮を見たこともあるのだけど、それは数時間かかったのに対してバッタの脱皮は15分くらいで終わった。

せっかく脱皮して大きくなったバッタを虫かごにとじこめておくのが可哀想になって、逃がしに行く。
c0204298_214239.jpg
脱皮したての、透き通るように綺麗な羽
c0204298_21422713.jpg


*中学時代からの親友と会ってランチ。
イーアスに連れて行ってもらう(私は初めて)。
雑貨屋を回ってから大戸屋でランチ。
c0204298_2272253.jpg
そのあとフレッシュジュース屋さんで美味しいフルーツジュースを飲む。
友人は桃。私はベリーミルク。
3人の子育てをしている彼女は若々しくいつも可愛い。
小さいうちの子育ては大変だけど、もう子どもたちのいない人生は考えられないほど大切な存在だと言っていた。

*雪と散歩中にきれいなタマムシを拾う。
亡くなったばかりと見え,とても綺麗な状態。
c0204298_21425420.jpg

桜の木にミンミンゼミ。
c0204298_2292714.jpg
紫の花とキアゲハ。
c0204298_229453.jpg


*神社を散歩していたら、足の踏み場もないほどにカブトムシとセミの死骸がいっぱい。
毎日暑いけれど夏が終わりへ向かっているのを感じる。
でもクワガタが1匹も死んでいないのはどうしてだろう?と気付き、
疑問に思って父にメールすると調べてくれて、カブトムシの寿命は2,3ヶ月だがクワガタの寿命は3~4年もあるのだそう!
同じような昆虫なのに(しかもカブトムシの方が丈夫そうなのに)、そんなに寿命が違うんだね。

*母と雪とイーアスで買い物とランチ。
海鮮和食なぶらでよくばりミニ丼セット(ねぎとろ丼と天丼)を注文。
美味しいし、すいていて良かった。
c0204298_214413.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★今日の赤ちゃん★

数日前から、あやすと笑うようになった。
低月齢育児は苦しいけど、少し報われます。


*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-10-23 22:23 | つくば | Comments(8)

*児童館へ行くと学童保育で夏休み中の小学生が20人ほどいるのだが、
その中のKくん(小学2年生)が毎回雪につきっきりで遊んでくれるようになった。
雪をみつけると、玄関まで迎えに来てくれる。
ふたりでエアホッケーで遊んでいるところ。
このあと雪が笑い転げていた。
他の子どもたちは涼しい図書室に避難している。このプレイルームは冷房がなく風を入れて扇風機を回しているだけ
c0204298_1041023.jpg


*公民館の図書室で、今回借りた本は
『十字架』 『その日のまえに』 『とんび』(重松清)
どうも苦手な重松清。
以前読んだのがだめだったのかと3つ借りてみるが…結論:合わない。もう読まない。
c0204298_10492530.jpg


*雪と校庭で遊ぶ。
アブラゼミがアップで撮れた。止まっているのはイチョウの木。
c0204298_1041191.jpg
ヒメハンミョウもみつける。
うちの庭の薔薇の花にはマメコガネがいた。
みつけた虫は全部、帰宅してから雪があの虫図鑑で調べている。

*雪と母と3人でLALAガーデンへ。
アカチャンホンポでベビー服やおむつ類を買う。
雪と母でミニSLに乗った。喜んでいた。ミニSL、いろんなところで乗るので、今回は今までのポイント分で乗れた。
バケットでランチ。サンマルク系列のお店でパン食べ放題が嬉しく、美味しい。

*出産予定の病院の、マタニティークラスに参加する。
ひとりひとり、自己紹介や希望するバースプランを発表する。
初産の人が多く、助産婦さんにみんな色々質問していた。

*ロフトで買ったシャワードロップキャップがとても優れ物。
ドライヤーを使う習慣のない私には髪の乾きが早くて嬉しい。
赤ちゃんが生まれたあとも重宝するだろう。

*昔の仲間5人(女3・男2)で久しぶりに全員集合。
ラケルで食事。
c0204298_10502980.jpg
子連れが2人いて賑やかな集まりに。
みんな揃ったのは何年ぶりだろう?7年ぶりぐらい?
嬉しかった。
初対面の子どもたち(4ヶ月違い)も仲良しに。

*大学時代の女友達が2人,遠方からつくばまで来てくれてオークラフロンティアホテル11階のコンチネンタルでランチ。
1人は子連れ(&旦那連れ),1人はエピソードの絶えない波乱万丈のシングルマザー。ドラマ何個分の人生を生きているのか…

*主人と雪と3人で映画『借りぐらしのアリエッティ』を観に行く。小人の目から見た世界が美しく描かれていて感動した。
c0204298_1046156.jpg
夜は母も交えてかねき寿司で食事,そのあと花火をした。
いい夏の思い出が作れた。

*今週2度目に借りた本は、

『黒冷水』(羽田圭介)人に薦めるのは若干気がひける内容だが面白かったー!これを17歳の高校生が書いたのか!すごい!

『灰色の美神<ヴィーナス>』(高山聖史)普段あまり縁のない美容業界をテーマにしたミステリー。なかなか面白かった。

『弥勒の掌』(我孫子武丸)またやられました、我孫子武丸のトリックに。でも『殺戮にいたる病』のあの史上最高のトリックには及ばない。

『狐火の家』(貴志祐介)貴志祐介さん大好きです。この本も良かった。一番好きなのは『青の炎』で次が『天使の囀り』です。

『最愛』 (真保裕一)最後の方の展開にびっくり。ちょっと受け付けなかった。
c0204298_10495534.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★今日の私★

気付くと、赤ちゃんを抱いていないときも無意識に揺れていることがある。


*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-10-19 11:28 | つくば | Comments(4)

*雪と本屋さんに行くと言ったら,母が「雪に何か買ってあげて」と本代をくれたので,
雪と相談して『あそびのおうさまずかん むし』を買う。
c0204298_10145276.jpg

これがもう、雪は大好きで、本当に毎日,この本をめくらない日はないほど。

もともとひらがなが読めるようになってきていたが,虫の名前がひらがなで書かれているこの本を繰り返し読むことで雪はひらがなを完全にマスター。
続けてすらすら読めるように。

【後日談】
この図鑑があまりにも良かったので、『あそびのおうさまずかん どうぶつ』も買う。これも毎日読んだ(読まされた)。
c0204298_21515431.jpg



*先日の公民館だけでなく,児童館へも母が菓子折りを持って挨拶に。
「どなたでも来ていいのですから…」と恐縮してなかなか受け取らない児童館の方々。(私もそう思うよ…)
でも母が「毎日のようにお邪魔すると思いますし,声の大きい孫なのでご迷惑をおかけすることもあるかと」と渡したらなんとか受け取って下さった。

児童館でだるま落としをする雪 もちろん上手にはできません 
c0204298_10151661.jpg

輪投げもいつもやっている
c0204298_10154039.jpg


*公民館の図書室で、今回借りた本は
『夜のピクニック』(恩田陸) 私の母校にもあった行事がベースなので興味深く読む。そしてすごく面白かった!好き。
『中庭の出来事』(恩田陸) あまり好きじゃなかった。
『深き心の底から』(小川洋子) 小川洋子は好きな作家なのだが、色々な雑誌類に発表した短い随筆の寄せ集め本がもともと好きじゃないので…。
『猫を抱いて象と泳ぐ』(小川洋子) チェスが分からない私にはただただ難解な本だった。 
『ラン』(森絵都) 初めて読んだ作家だが、ずいぶん軽いタッチで私には受け入れがたかった。若い子向けかな。
c0204298_10164795.jpg



*34週でそろそろ畑までの散歩(片道15分)はおなかが痛くなるようになったのでやめて,軽い散歩だけにする。

*今週雪とみつけた虫はハナムグリ,コフキコガネ,シデムシ,シオカラトンボ,コカマキリ,ゲンゴロウ。
毎日,お父さんに電話するたび雪の第一声は「今日はなんの虫をみつけたかというと~」。
別にお父さんはそんなにつくばの虫情報は要らないと思う(笑)





にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★今日の赤ちゃん★

1ヶ月半経ちました。
昨夜は10時までコリック!
夫婦でかわるがわる抱っこしてました。
もう、今夜は眠らないんじゃないかと思ったよ。
でも、夜はこちらに来てから初めてお布団で一人でしっかり眠ってくれ、2時間や3時間半、連続で寝てくれたのです!
嬉しい。


*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-10-17 10:51 | つくば | Comments(6)

毎日とても暑い。
まだ涼しい午前中のうちに雪と散歩。
今日は神社に行ってブランコに乗り,近所のお店に置いてあるロンドンバスを見に行く。
c0204298_11444615.jpg



バッタをつかまえる。ショウリョウバッタのメス。
c0204298_11131134.jpg

母が庭でつかまえたキリギリス。
c0204298_11132494.jpg

公民館から実家に電話がかかってきてなんだろうと驚いたら先日の職員さんからで,
「中央図書館からトーマスの絵本を2冊取り寄せました。」
なんて親切なのだろう。一個人のためにそこまでしてくれるなんて!
早速受け取りに行く。
夏の間中お世話になるからと母が菓子折り持って付いてきた。
そしたら偶然にもその親切な職員さんと母は昔の知り合い!
で,その方は実は職員ではなく週3回のパートさんだそう。
しかしすごい人で…それまで古くて納戸のようだった図書室を改革したのはその人だそうだ。
掃除し,棚を増やし,本をアイウエオ順に並べ,前任者の好みで偏っていた蔵書を,
新聞の書評を熱心に読んで幅広いジャンルから良い本を選ぶようにしたそう。
地域公民館が本にかけられる予算は少ないので,厳選しているらしい。
ちなみにトーマス本は中央図書館から普通に取寄せということはできないらしく,
「廃棄予定の本の中にトーマスはないか」と中央図書館に電話して探してもらい、寄贈してもらったのだそう。
なんというか,希有で貴重な人材が来たものだこの田舎の公民館に。
「こんな小さいお子さんが本に興味を持ってくれるのはいいことですから。」とおっしゃった。

雪が借りた絵本。
c0204298_11451384.jpg

また、私には若いお母さんに読んでほしいからと新入荷の
『子どもの自尊感と家族~親と子のゆっくりライフ』という本をほぼ強制的に(笑)貸してくれた。(この本はあまりピンと来なかった…)
他に今回借りたのは
『センセイの鞄』(川上弘美) 好きな本なので読み返し。
『図書館の神様』『幸福な食卓』『天国はまだ遠く』(瀬尾まいこ) 読んだことがない作家だったのでまとめて借りてみる。あまり好きでなかった。
c0204298_1114724.jpg


母がレンタル農園で育てている夏野菜を三食どっさり食べて元気。
母の料理はとてもヘルシーなので体重管理にもなってありがたい。
「おろしきゅうりと刻みうなぎの冷やしうどん」
c0204298_11453792.jpg
他にもいろいろ
c0204298_11522921.jpg
c0204298_11524091.jpg
c0204298_11525541.jpg
黄色いのはイエロートマト。トッピングは鮭の中骨水煮缶。


毎日夕方には3人+1匹(黒チワワ)で畑に歩いて行く。
妊婦の足で片道15分。結構な距離だ。
この日はきゅうり,プチトマト,オクラ,ピーマン,なす,ゴーヤを収穫。
もぎたてプチトマトを洗って食べる。濃い味!
c0204298_1115999.jpg
c0204298_1115217.jpg
c0204298_11153067.jpg


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★今日の赤ちゃん★

コリック(黄昏泣き)は1ヶ月経ったあたりからの海の日課になっています。
夕方からぐずぐずしだし、7時から本格的に泣き出し、何をしてもダメです。
2時間泣き叫び続けます。(途中2回くらい寝かし付けるんだけど、5分で起きてまた振り出しに戻る。)
雪のときもコリックがこの時期からありました。
海ってほんと雪と同じタイプの赤ちゃんだ。
そう、今回も手がかかる赤ちゃんですよ~。
夜もベッドに降ろすと泣くので、抱っこして寝ております。
そして基本1時間半ごとの夜間授乳です。(たまに運良く2時間、コリックで泣き疲れたあとだと3時間という奇跡もある)
日中はバウンサーですやすやなんですけどね。

*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-10-15 12:02 | つくば | Comments(6)

7/25,雪と共につくばの実家に帰省した。
出産予定日は9月中旬なので、1ヶ月検診のある10月中旬まではこちらにいることになるだろう。

つくばは横浜より自然豊かで、散歩に出るのも毎回楽しみがある。
タマムシが飛んでいたりカブトムシも神社に普通にいるし,圧倒的な蝉の声にも元気をもらえる。
もともと夏が大好きなので,風に揺れる稲穂の鮮やかな緑や足元の露草の青を見ては幸せを感じる私だ。
c0204298_15325238.jpg


c0204298_16243842.jpg



基本的な生活パターンはこんな感じ…

暑い暑い日中は児童館のプレイルームに行って雪と遊んだり,公民館の図書室で本を借りたりする。
c0204298_15353695.jpg


少し猛暑がやわらぐ夕方は小学校の校庭で遊んだり,母が借りている畑に野菜の収穫に行ったりする。
c0204298_15364266.jpg


近所の公民館には小さい図書室があるのだが,意外と最近の本や話題作も置いてあり絵本もあり,
いつも他に誰もいなくて雪に沢山読み聞かせできた。
貸出もOKで,とりあえず『食堂かたつむり』と買おうかと思っていた『体脂肪計タニタの社員食堂』というカラーレシピ本を借りた。
c0204298_15372718.jpg
『体脂肪計タニタの社員食堂』はとても参考になった!いっぱいレシピを手帳に書き写した。
『食堂かたつむり』は作風があまり好みでなかった。


図書室で雪に本を読んでいるとその声が聞こえたのか職員さん(50代ぐらいの女性)がやってきて明かりやクーラーを付けたりしてくれて,
雪にも「いいご本あった?」と声をかけてくれる。
「あのね、きかんしゃのごほんがないの」と悲しく職員さんに訴える雪。
職員さんが「トーマスなかったかしら」と一生懸命探してくれたがどうやら置いてないようで,
「ごめんね今度トーマスの本みつけておくからね」と言ってくださる。優しい。
この図書室に夏の間通って,山のように本を読もうと思う。



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


★今日の赤ちゃん★

今日から、お兄ちゃん(雪)が幼稚園復帰。
赤ちゃん(海)をスリングに入れてバスのお見送りに行きました。
スリングの中で海はすやすや。
そのあとバウンサーに戻しても延々眠っていました。
スリングとバウンサーは素晴らしい育児アイテムですよね。

雪はバスの中でもお友達から大歓迎を受けており、連絡帳によるとクラスではアイドルのように取り囲まれていたそうです(笑)
なにせ、2ヶ月ぶりですからね。


*Ruri*

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
[PR]
by mediumslateblue | 2010-10-13 15:48 | つくば | Comments(6)

つくば帰省(2010春)

3月の終わりにつくばへ帰省してきました。
親友Mちゃんと久しぶりの再会。
息子付きでランチしたのは、学園に新しくできたというロシア料理屋「CHUDO(チュード)」
c0204298_10204226.jpg
ボルシチやロシア風チキンなどをいただきましたがどれも全体的に薄味で、素材の味を生かしたお料理が多かったです。
ピロシキも食べたかったのですが、人気らしくどの味も売り切れでした。(10種類ぐらいありました)
会計の後、小さなマトリョーシカのストラップをお土産にもらえます。可愛い♪



そのあと、Mちゃんに家まで送ってもらって息子を私の母に託したあと…
私とMちゃんはまたつくば中心部まで戻り、ゆっくりお茶しました。
お花屋兼カフェの「La Flandre(ラ・フランドル)」。古めかしい雰囲気が素敵なお店です。
c0204298_10221940.jpg
c0204298_10225595.jpg
c0204298_10232446.jpg
c0204298_10233560.jpg


ベリーのトライフルとホットミルクをいただきました。すごく美味しい!
c0204298_1023497.jpg
食器も全部アンティークものでした(だから欠けているものも普通に使っていたけど、きっとそれが味なんですね)。
ふたつ隣の席ではフラワーアレンジメントのレッスンをしていました。
アンティークのアクセサリー・雑貨も店内で売られています。
お花にカフェにアンティーク。
女心をそそりますよね(笑)
ざっと見る限り男性のお客さんひとりもいなかったな…


でもフラワーアレンジメントには全くそそられない(不器用だから)
[PR]
by mediumslateblue | 2010-04-07 10:30 | つくば | Comments(6)